2017年04月15日更新
北朝鮮 テロ 乱数放送

まさかテロの指示?北朝鮮新たな「乱数放送」を開始、乱数放送とは何か?

昔からやってるじゃんの声も。夕刊フジ・・・乱数放送とは?

779
0

工作員に暗号を伝える新たな「乱数放送」を行った

乱数放送は昨年6月に再開

同ニュースによると、平壌放送は14日午前1時15分に「今から27号深査隊員のための遠隔教育大学情報技術基礎復習課題をお伝えします」とし、「823ページ69番、467ページ92番、957ページ100番」などと数字を読み上げた。

 記事では、乱数放送は昨年6月に再開され、今回が再開後32回目になるとしている。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

乱数放送とは何か?

乱数放送とは、一般聴衆にとって意味不明な数字、アルファベット、単語などの羅列を読み上げる、発信者や目的の不明な放送である。数字を読み上げるものが多いためこのように呼ばれる。

「乱数」といってもまったくでたらめな数字を読み上げているわけでもなく、多くは放送ごとに決まった書式に従って読み上げられている。特にメッセージの最初と最後にそれを示す音楽や同じ言葉の繰り返しなどが放送されることが多く、そこに使われる曲名や文言が乱数放送ファンの間での通称になることもある。
引用元:dic.nicovideo.jp(引用元へはこちらから)
乱数放送の種類は大きく分けて,A-1,A-2,A-3がある.A-1,A-2,A-3はそれぞれ電波形式を表す.
この放送の目的は,各国に潜伏している工作員や協力者に対しての指示や激励であるといわれている.
1970年代の日本人拉致疑惑がもたれる北朝鮮だが,日本人拉致の際の指示にもこの乱数放送が使われたという見方が強い.
A-3放送では5桁の乱数を読み上げる.工作員にはそれぞれに「????号」という名前が付けられていて,それぞれが乱数表をもっている.
引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC / インターネットの新着

アクセスランキング

まとめ作者