2017年11月18日更新
シニア カードローン ストレス

自己破産するシニアが増加?労働によるストレスからのクレカ、カードローン借りすぎに注意

後世への呪縛、自己破産、生活保護、奴隷化、ベーシックインカム、必死で働いた結果、金銭とマネー

72
0

2016年の自己破産の申し立てが6万4000件を超え、13年ぶりに増加に

 2016年の自己破産の申し立てが6万4000件を超え、13年ぶりに増加に転じた。かつて、多重債務は無計画な若い世代の問題とされていたが、最近では働き盛りの中年や退職したシニアが、カードローンなどをきっかけに自己破産に陥るケースが目立つという。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
東京都内に暮らすAさん(58歳)は今春、ついに自己破産を申請しました。始まりは、10年ほど前にさかのぼります。クレジットカードによる買い物とキャッシングの借り入れがきっかけでした。

 「当時は会社員として働き、収入も十分にあったので、多少返済額が多くなっても問題ないと思っていました」

 Aさんの借金は約200万円。銀行残高が底をつき、返済が滞ると、今度は消費者金融から借りて返済に充てるようになりました。

 借金は300万、400万円と積み重なり、ついに、消費者金融からも融資を断られてしまいます。消費者金融からの借り入れができなくなったAさんが、次に選んだのは銀行のカードローンでした。

 気付けば、借り入れは銀行カードローン3行、信販系カードローン1社、消費者金融が4社の計8社から、総額約500万円に膨らんでいました。

 そんな折、ストレス性障害を患ったことで、Aさんは仕事を辞めざるを得なくなりました。その後、再就職し、何とか自力での返済を試みたのですが、以前ほどの収入は得られません。間もなく返済不能となり、弁護士に相談し自己破産を決意しました。

 Aさんは当時を振り返り、ぽつりとこぼしました。

 「普通に働いていたのに、まさかこんなことになるなんて思いませんでした」
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

健康の新着

【VS嵐】大野智さん(37)相葉雅紀に老化を暴露される「首付近にめちゃめちゃ長い白い毛がある」

なお、メイクさんに切られた模様

【あさイチ】 歯の銀行を特集。注目の新治療法や費用。反応まとめ。NHK 12/14

あさイチ(午前8時15分〜9時45分)の 9時頃の「骨 驚きの パワーとケア術」...

【悲報】元中日投手小松辰雄、車で自転車はねる 相手は意識不明、スピードの出しすぎか

まずは怪我人の回復祈願

【高須院長】生前の野村沙知代さん「西原理恵子の代わりに自分をCMに出せ!」→高須院長特別に約束果たす

ご冥福をお祈りします

【悲報】吉田豊騎手が落馬で頚椎骨折・脳震盪の重傷!  馬は異状なし

中山5Rで落馬した吉田豊騎手は、脳震盪と頸椎骨折との事。(当初の頸椎捻挫の発表か...

2週間で5.7Kgのダイエット成功! 鍋ダイエットで健康的に痩せる人続出!

これはおすすめ

アクセスランキング

まとめ作者