2016年07月06日更新
病気 健康 雑学

急に体重が増えた人は注意!!それって深刻な病気かも...

普段通り生活していて、食べる量などは変わっていないのにも関わらず、急に体重が増えてしまうという時に考えられる病気をご紹介します。もちろん、何もない時が殆どですが、何らかの不快症状を伴う時は注意が必要です。

7503
0
画像を拡大

腎臓に障害が起こり、尿からタンパクが漏れ出すという疾患です。血中からタンパクが尿として流れ出してしまうと、水分を血管中や細胞に保持することが出来なくなり、皮下などに漏れだし体が浮腫みます。

出典:chlostanin.co.jp
ネフローゼ症候群とは、尿にタンパクがたくさん出てしまうために、血液中のタンパクが減り(低たんぱく血症)、その結果、むくみ(浮腫)が起こる疾患です。

引用元:www.twmu.ac.jp(引用元へはこちらから)
症状としては、むくみ(浮腫)の他に、体重の増加、だるさ、尿の泡立ちなどがあります。症状があまり認められず、健康診断ではじめてわかる場合もあります。

引用元:www.twmu.ac.jp(引用元へはこちらから)
ネフローゼ症候群の第一の特徴は、強いむくみで、まぶたのあたりや足のすねなどに出て、手で押すとへこむほどです。ひどくなると体中がむくんでお腹の中や肺のまわりに水がたまってしまいます。

引用元:www.minamitohoku.or.jp(引用元へはこちらから)

肝硬変

画像を拡大

肝硬変になるとアルブミンを生成することが出来ず、血管や細胞内に水分を保持することが出来なくなります。それにより、皮下などに水分が漏れだし停留し体重が増加します。

出典:www.koinuno-heya.com
肝硬変で肝臓の機能が低下すると、腹水やむくみが起こりやすくなります。腹水がたまると、お腹がふくらんで、いわゆる「カエル腹」になり体重が増加します。

引用元:www.93tsukada.com(引用元へはこちらから)
肝臓で作られるタンパク成分、特にアルブミンが血液中に減少した結果、浸透圧の関係で水分が血管から、にじみ出て腹腔にたまるのが原因とされています。

引用元:www.93tsukada.com(引用元へはこちらから)
症状としては、眼や皮膚が黄色くなる黄疸、おなかが張って体重が増える腹水、足や体がむくむ浮腫などです。また、破裂すると吐血や下血を引き起こす食道静脈瘤、アンモニアが高値となり手が震え羽ばたき振戦、ひどくなると意識障害を来す肝性脳症があります

引用元:health.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

卵巣の病気

画像を拡大

卵巣の病気によって、卵巣に水分や様々なものが停留して体重増加の原因になります。

出典:www.jsog.or.jp
卵巣の腫瘍が大きくなると下腹部がふくらんでスカートのウエストがきつくなったり、おなかが張ったような感じがしたり、しこりを触れるようになります。また大きくなった卵巣が周囲の臓器を圧迫し、下腹部痛、腰痛、月経痛、頻尿、便秘などさまざまな症状を起こします。

引用元:health.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)
timaruで「そんなバカな」という巨大な卵巣嚢腫が摘出されました。その重さ、なんと35キロもあったそうです。

引用元:nzlife.net(引用元へはこちらから)
ここ数年で35キロくらいの激太りをしました。病院に何度行っても原因が分からず悩んでうつ病寸前でした。過食や運動不足ではここまで太れません。最近やっと運命のお医者さんにかかり病名が分かりました。「多のう胞性卵巣症候群」だそうです。

引用元:komachi.yomiuri.co.jp(引用元へはこちらから)

うつ病

健康の新着

石原元都知事、百条委で衝撃告白「すべての字を忘れた。ひらがなさえも忘れました」

 石原慎太郎元都知事(84)の証人喚問が20日、豊洲市場の移転問題を検証する都議...

【夢の国】東京ディズニーランドから流れ着いたと思われる赤子の遺体が水処理施設内で発見される・・・

県警によると、遺体は生後間もなく15~20センチの手のひらぐらいの大きさ。性別は...

【労働問題】朝日新聞、上司が記者の勤怠を改ざん。ブラック企業?

産業医面談を受ける機会を失った記者も。残業問題。報道・メディア問題。...

【新日本プロレス】本間朋晃選手がDDTを受けて意識不明 担架で運ばれる 大丈夫か?

三沢さんのようにならないといいけど

この太り方ヤバくない!?彦摩呂さんを心配する声があふれる!NHK「BSコンシェルジュ」

3月3日NHKのBSコンシェルジュ「中継 わたしの東京 わたしの大阪 物語~彦摩...

アトピー性皮膚炎、治療薬開発へ! 早くて2年後! 製薬会社頑張れ!

アトピー性皮膚炎の治療薬の開発を目指す、京都大学などの国際研究グループは候補とな...

アクセスランキング

まとめ作者