2016年11月10日更新
新洗濯表示 洗濯表示 洗濯

新・洗濯表示は「まるで暗号」 「12月から国際マークに」で大混乱?

衣服の「洗濯表示」マークが2016年12月1日に変更されることを受け、インターネット上に「分かりづらい!」といった不満の声が相次いでいる。

308
0
「覚えられそうもない」「前の方が分かりやすかった」――。衣服の「洗濯表示」マークが2016年12月1日に変更されることを受け、インターネット上に「分かりづらい!」といった不満の声が相次いでいる。


引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
現行の表示は1968年から使われており、消費者にとっては50年近く馴れ親しんだマークが変わることになる。さらに、新表示ではマークの種類が従来の倍近くに増えるほか、「手洗イ」「ドライ」といった日本語表記も消える。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
現行の洗濯表示は日本が独自に使用しているものだが、新しい表示は国際規格に合わせたマークになる。日本語表記が消えるのもそのためで、基本的には言葉を使わずに図形だけで「洗濯ルール」を表記している。


引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
マークは全部で41種類あり、数だけでも従来の22種類から倍近くに増える。こうした新表示について、ネット上では「洗濯表示が暗号になる...」といった不満が噴出。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
ツイッターには、

「残念ながら覚えられそうもない...」
「日本独自の方がいい気がする。干し方とかホントに分かりやすかったのに」
「暗記しないと意味が全然わからない」
といった投稿が相次いで寄せられている。そのほか、「おばあちゃん達は理解出来るのだろうか...」「年配の方は洗濯が出来なくなる」と心配する声も数多くみられた。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
いったいなぜ、消費者庁は洗濯表示の変更を決定したのか。同庁表示対策課の広報担当者は11月8日のJ-CASTニュースの取材に対し、変更の理由は大まかに分けて3つあると説明する。それは、

(1)日本の洗濯文化(外干し習慣など)に合わせた基準に国際規格が変更された
(2)日本向けの輸出品を扱う海外事業者から国際規格に統一して欲しいとの要望が出ていた
(3)日本の衣服を購入する外国人が増えたため、表記を国際化する必要があった
の3点だという。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

全文を読む

twitterの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

関東「大雪の方程式」がよくわからないけど実に面白い!寒気、海流など条件合致で成立!

「大雪」=「ラニーニャ」+「北極振動(極渦)」+「黒潮大蛇行」+α...

1/22【大雪情報】東京地方、転倒事故相次ぐ

関東は雪降らない場所だったからなぁ……歩き方知らないから転倒して緊急搬送される人...

横浜市旭区で相鉄バスが雪の影響で衝突事故

22日午後、横浜市旭区でバスが電柱に衝突し、40代の運転手が軽いけがをしました。...

埼京線 中浦和駅で人身事故「警察・救急隊集結。〇〇が出たとか…」1/22

人身事故

【水難事故】茨城県大洗町磯浜町の海岸 神磯の鳥居付近で溺れた長男を助けようとした母親死亡

茨城県大洗町磯浜町の海岸で水難事故

【事故】早稲田大学教授の西原博史さん死去 中央道でトラックにはねられる 1/22

【訃報】早稲田大学教授の西原博史さん死去

アクセスランキング

まとめ作者