2016年07月24日更新
英語 英会話 海外

「Please」は命令口調!?外国人には使わないほうが良い英語表現

日本人が何気なく使う英語表現の中には、海外の人を不快にさせてしまう言い回しがあるらしい。

1814
0
日本人が何気なく使う英語表現の中には、日本人が思っているイメージとは違うニュアンスで受け取られてしまい、海外の人を不快にさせてしまう言い回しがあるんです。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
海外の方とのコミュニケーションをスムーズにするには、そうした表現を覚えておいたほうがよいですね
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

●「Can you~?」は上から目線?

『日本語を話せますか?』など、『~できる?』と聞きたい時に、『Can you~』という表現を使う人は多いと思います。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
でもこの表現には、『私はできますけど、あなたはどうなの?』といった上から目線のニュアンスが含まれているんです。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
それよりは、『Do you speak Japanese?(日本語を話しますか?)』というように、『Do you~』から始まる表現を使ったほうがいいですね。単純な質問として相手は受け取ってくれますよ」
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

「You should~」には、相手を否定する意味が含まれている?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

例えば、海外の人に、『この辺でおいしいお店はどこ?』などと、オススメの場所を聞かれた時に、『You should~』(~するのがいいですよ)と答えると学校で習いませんでしたか?
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
もちろん間違った表現ではないのですが、これは、『~したほうがいいですよ。でもあなたはしないだろうけど』という含みを持った表現なんです。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
この場合は、『私だったらこうします』というニュアンスの『You need to~』や、その後の文章をやわらかくする効果のある『Maybe』を頭につけて『Maybe you should~』という表現にするのがベターですね
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

「Please~」は命令口調!?

『Please follow me』(私についてきてください)など、頭にpleaseをつけると丁寧な言い方になると思っている人は多いですが、実はそうでもないんです。例えば、『Please sit down』(座ってください)は、学校で先生が生徒に『いつまでも立ってないで座りなさい』というニュアンスにかなり近いんです。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
それよりは、『Go ahead and sit down』と言うと、『どうぞ座ってね』というやわらかい表現になります。丁寧な口調で話したいと思うなら、pleaseを使うのではなく、『go ahead~』を使ったほうがよいでしょう
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

全文を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

アクセスランキング

まとめ作者