【女子中学生誘拐事件】容疑者は女子生徒に「両親に捨てられた。だれも捜してくれていない」と洗脳していた

寺内容疑者が、女子生徒に「両親に捨てられた。だれも捜してくれていない」と思い込ませるような話を繰り返し吹き込んでおり、少女の心を追い詰めていたことがわかった。

2905
0

食品のネット購入指示か…少女の外出制限

記事によると

 県警の聞き取りへの女子生徒の話によると、約2年間、女子生徒は食事の材料のほとんどをネットの通販で賄い、部屋で料理をすることもあったという。
引用元:mainichi.jp(引用元へはこちらから)
 外出できる機会はめったになく、千葉市のマンションでは玄関の外側から鍵をかけられて外に出られない状態だった。まれに外出する時も寺内容疑者と一緒で、手をつなぐなどして逃げられないようにされていたという。

引用元:mainichi.jp(引用元へはこちらから)
 また寺内容疑者は、女子生徒に「両親に捨てられた。だれも捜してくれていない」と思い込ませるような話を繰り返し吹き込んでいたとされる。県警は、こうしたうそを聞かせることで、助けを求める決意ができない心理に女子生徒を追い込んでいたとみている。
引用元:mainichi.jp(引用元へはこちらから)

ネットの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

アクセスランキング

まとめ作者