2016年07月06日更新
おそ松さん 作画ミス 作画崩壊

何がどうなってるんだ!『おそ松さん』の作画ミスまとめ!怪奇現象や面白い現象が続発!

『おそ松さん』で発見された作画ミスシーンをまとめました。六つ子の腕が増えたり、別人に突然入れ替わったり、かなり凄い現象が起きています。アニメのキャプチャ画像を使いながら、どこがどうおかしいのかを解説しているので、どんな人でも面白さや怖さが分かるはずです。最終回25話までの44個の作画ミスを収録。

1157143
1

作画ミス12:イメチェンした?一松がさっぱりした表情に!

画像を拡大

ハタ坊の家で執事がバズーカを使い始めたため、六つ子は驚いて逃げ出します。このシーンでは、髪のぼさぼさ具合から、右から2番目が一松と考えられます。しかし、一松であるにも関わらず、ジト目ではなく、ぱっちりと開いた目になっているなど、普段とは表情が異なります。作画ミスのような気がしますが、慌てて逃げているので凛々しい顔つきになっているという可能性もあるのかもしれません。なお、左から2番目でジト目をしているのは、ボイス的にチョロ松です。(6話)

出典:matomame.jp

作画ミス13:おそ松兄さん、馬券を買い間違えてませんか?

画像を拡大

イヤミとおそ松が競馬場に行ったとき、二人が最後に賭けたレースは5レース目でした。

出典:matomame.jp
画像を拡大

しかし、そのレースが終わったとき、おそ松が握りしめていた馬券には11レースと書かれていました。つまり、おそ松は間違えて6レース先の馬券を買ってしまったことになります。それだけでも変なのですが、さらにその後、イヤミがおそ松の持っている馬券を奪い取ろうとします。当たるかどうかも分からない6レース先の馬券を必死に奪おうとするのは不自然です。馬券と電光掲示板のどちらかの数字が描き間違っていて、本当はおそ松の馬券が当たり馬券だったと考えるのが自然でしょう。(6話)

出典:matomame.jp

作画ミス14:恐ろしい!謝りながら兄をぶっ飛ばすトド松?!

画像を拡大

4個しかない今川焼きを前にして、トド松は4個しかない理由を考え始めます。そんなトド松を見て、チョロ松は「愚か者」と言いながらグーパンチします。

出典:matomame.jp
画像を拡大

次のシーンでは、トド松が「ぐぁ!ごめんなさい!」と言いながら窓を突き破っている…はずなのですが、よく見ると、服の色がトド松のピンクではなく、チョロ松の緑になっています。

出典:matomame.jp
画像を拡大

割れた窓と、六つ子の位置関係から考えても、トド松ではなくチョロ松が窓を突き破ったとしか思えません。しかしそうなると、トド松が謝りながらチョロ松に反撃したことになってしまいます。おそらくは、窓を突き破ったトド松の服を塗り間違えたということなのでしょうが、そうだとしても位置関係の不自然さが残りますし、謎の現象としか言いようがありません。(7話)

出典:matomame.jp

作画ミス15:十四松は両利き?箸の置き方に注目!

画像を拡大

扶養家族選抜面接での遠投では右投げでした。(4話)

出典:matomame.jp
画像を拡大

スタバァでパフェを食べるときも右手でスプーンを持っていました。(7話)

出典:matomame.jp
画像を拡大

しかし、トド松のバイト先のスタバァ店員たちとの合コンの際、十四松の箸の置き方は左利きの置き方になっていました。(右利きであるなら、おそ松のように箸の先が左を向いていなければいけない)十四松が両利きの可能性もあるだけに、作画ミスとも言い切れず、悩ましいところです。(7話)

出典:matomame.jp

.

.

趣味の新着

映画『打ち上げ花火』レビューまとめ!感想が酷評すぎて逆に気になる!「内容がない」「期待はずれ」

打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか、の感想が酷評ばかり!逆に内容が気になる...

【Fate/Apocrypha】黒陣営のマスターの強さを解説!実は天才魔術師だらけ!

アニメ『Fate/Apocrypha』に登場する黒陣営のマスターたちの強さを個別...

取材はしなくていい?24時間テレビ直前、契約社員の女性スタッフが飛び降り救急搬送

24時間テレビ2017年、テレビやマスコミの不祥事、告白、命を落として命を救う、...

絶滅したニホンカワウソの可能性も?長崎県の対馬で野生のカワウソを撮影

カワウソ、ニホンカワウソ、けものフレンズ、フレンズ、ハイライト戻る?...

【僕たちがやりました】真剣佑「お前のこと...好きって言ってなかった」に全女子がメロメロ

真剣佑かっこいい

【阪神ファン必見】おすすめのファンサイトまとめ(2017年版)

いつだって阪神タイガースの話題で盛り上がりたい! そんな阪神ファンにおすすめの、...

アクセスランキング

まとめ作者