2016年07月06日更新
おそ松さん 作画ミス 作画崩壊

何がどうなってるんだ!『おそ松さん』の作画ミスまとめ!怪奇現象や面白い現象が続発!

『おそ松さん』で発見された作画ミスシーンをまとめました。六つ子の腕が増えたり、別人に突然入れ替わったり、かなり凄い現象が起きています。アニメのキャプチャ画像を使いながら、どこがどうおかしいのかを解説しているので、どんな人でも面白さや怖さが分かるはずです。最終回25話までの44個の作画ミスを収録。

1158045
1

作画ミス40:不良品かな?文字が自然消滅するカチンコ!

画像を拡大

オーディションでカラ松のテイクが始まるときに、一松がカチンコ係をやっていたシーン。最初は「オーディション」ときちんと書かれていました。

出典:matomame.jp
画像を拡大

しかし、一松が「よーいスタート」と言ったあたりで、伸ばし棒が消えてしまい「オデション」になってしまっていました。作画担当者の単純な描き忘れでしょう。(22話)

出典:matomame.jp

作画ミス41:十四松のズボンは伸縮自在の新素材で作られていた!?

画像を拡大

オーディションが終わり、誰をメンバーに選ぶかトド松が考えるシーン。この時点では十四松は普段通り半ズボンを履いていました。

出典:matomame.jp
画像を拡大

しかし、トド松が誰も選ばずに部屋を出て行くときには、なぜか長ズボンに変化していました。おそらくは膝を肌色に塗らなければいけないところで、ズボンの色に塗ってしまったというミスでしょう。(22話)

出典:matomame.jp

作画ミス42:一松事変再び?一松がカラ松のどてらを着てる!

画像を拡大

帰りの遅い兄たちを弟たちが探しに行くシーン。なぜか、一松が青のどてらを着用し、トド松が紫のどてらを着用していました。トド松が一松のどてらを借りるのはそこまで変ではないですが、一松がカラ松のどてらを借りるのはさすがに変です。

出典:matomame.jp
画像を拡大

普段、六つ子たちが着ているどてらの色合いはこんな感じです。元々似たような色合いですし、夜であることを表現するために色を暗くしたら分かりにくくなっただけという可能性もありそうで、作画ミスかどうか微妙なところです。(23話)

出典:matomame.jp

作画ミス43:兄弟を愛する男カラ松、分裂して二人分の仕事をこなす!

画像を拡大

ダヨーンの体内から出るためにボートをこぐシーン。最初はチョロ松が緑のパーカー、カラ松が青のパーカーを着ていました。

出典:matomame.jp
画像を拡大

しかし、出口に差し掛かったときには、なぜか、青のパーカーを着た人が二人になっていました。カラ松が分裂して二人になったかのように見えますが、全体の人数は6人のままなので、チョロ松のパーカーの色を塗り間違ったと考えるのが自然でしょう。(23話)

出典:matomame.jp

作画ミス44:シェーという文字を鏡に映します、さてどうなるでしょう?

画像を拡大

チョロ松がイヤミの車に乗せてもらって会社の寮に引っ越すシーン。壁に「シェー」という文字が書かれています。

出典:matomame.jp
画像を拡大

その後、イヤミが車のバックミラー越しにチョロ松を眺めるのですが、なんとミラーの中の壁にも「シェー」と書かれています。文字を鏡に映しているのですから、反転して読めなくなっていなければおかしいです。また、奥からチョロ松、ゴミの山、イヤミという並びになっていないといけません。反転させないといけないのに、回転で済ませてしまったという作画ミスでしょう。(24話)

出典:matomame.jp

趣味の新着

ニワトリと同じ?ウーマン村本「芸人はテレビの家畜」と発言する

ニワトリは最高の家畜、アイドルは○○の家畜、社会人は○○の家畜、家畜化社会と日本...

【活撃刀剣乱舞8話】薬研と馬の場面で高橋タクロヲの問題発言に公式が謝罪!泥酔状態に可笑しすぎると炎上

高橋タクロヲの問題発言に公式が謝罪。いろいろと可笑しい。

【プリンセス・プリンシパル】7話の小ネタ考察 プリンセスが変装しなくても大丈夫だった理由、など

アニメ『プリンセス・プリンシパル』7話に登場した細かいネタのまとめです。「プリシ...

小田急小田原線 玉川学園前駅で人身事故「飛び降り自殺。車両の下に入ってしまった」

愛知県出身の緑黄色社会、関ジャムで特集される 2017/8/20

名古屋発、リョクシャカ 2017/8/21 日本の男女混成4人組バンド。愛知県出...

【ほん怖】お墓はどこでしょうか?リピート多すぎて頭から離れない人が続出

お墓はどこでしょうか、大喜利大会も、ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017...

アクセスランキング

まとめ作者