2016年07月06日更新
おそ松さん トド松 名言

【おそ松さん】トド松の毒舌セリフまとめ!女子力高い系と見せかけて実は腹黒い!【名言】

アニメ『おそ松さん』のトド松(CV:入野自由)のセリフまとめです。あざとさや腹黒さが伝わってくるセリフだけを厳選しています。普段は女子力高い優等生キャラとして振舞っているだけにギャップが大きくて面白いです。そのセリフを言った場面の解説と感想ツイートもつけています。25話分を追加して現在35セリフ!

260371
0

「フフッ、革命が起きたね!」

画像を拡大

おそ松の次にカラ松を脱落させた後、チョロ松に向かって言ったセリフです。革命と言ってるのは、上二人が消えて六つ子内の支配体制が変化したという意味です。(18話)

出典:matomame.jp

トランプの大富豪ではカードの強さは2、1、K、Q、…、4、3という順番になっています。しかし、同じカードを4枚揃えると革命が起き、カードの強さが3、4、…Q、K、1、2という順に逆転します。というように、最弱だった3(チョロ松)が最強の2(カラ松)を蹴落とすという展開が共通しています。

「いや意識高いじゃなくて自意識ライジングだから」

画像を拡大

意識高すぎる発言を繰り返した後に「まあ確かにちょっと意識高い系のことばかり言っちゃったけど」と取り繕おうとしていたチョロ松へのツッコミです。ライジング(rising)は上昇する、増大するという意味です。(19話)

出典:matomame.jp

「じ、自意識ビッグバンだぁーっ!」

画像を拡大

チョロ松の自意識がどんどん巨大化しているのを見たときの叫びです。おそらく、おそ松がチョロ松を罵倒したことが巨大化の原因です。なお、ビッグバンとは宇宙の始まりにおける宇宙の膨張のことです。(19話)

出典:matomame.jp

「おめーだったらギリ勝てるぞ、ゴレェ!」

画像を拡大

スクール松でチョロ松に喧嘩を売ったときのセリフです。スクール松でもトド松はチョロ松より年下だったようですが、トド松はチョロ松をなめてる感じでした。結局、喧嘩の途中でおしゃれ番長カラ松が割り込んできて勝敗はつきませんでした。(20話)

出典:matomame.jp

趣味の新着

【レポまとめ】嵐LIVETOUR2016-2017 Are You Happy?大阪3日目12/4

今日の潤くんの関西弁 〃`∀´ルめっちゃうれしいやん 〃`∀´ルほんまかいなー ...

写真を一瞬でアニメ風に加工するアプリ「everfilter」が凄過ぎる!

写真を一瞬でアニメ風に加工するアプリ「everfilter」が話題になっている...

【ユーリ!!! on ICE】9話の小ネタまとめ!ヤコフが右手薬指に指輪をしている、など

9話の中で登場した細かいネタや実在するスケーターネタをまとめました。「観客の中に...

【速報】血界戦線アニメの2期2017年放送決定! 1期アニメの続編?それともリセットして原作沿い?

とうとうアニメ2期始動!兄メカおめでとう!!! 今回監督が変わるようですが新シリ...

【迷子】シゲ、小山くんに振り回される NEWS #ベストアーティスト

シゲ

【復活のルルーシュ】コードギアス続編決定!ゼロレクイエムの数年後の設定!監督「シンプルに続編です」

コードギアス続編決定!!!「コードギアス 復活のルルーシュ」はゼロレクイエムの数...

アクセスランキング

【注意】写真をアニメ風に加工するアプリ「Everfilter」は電話番号など個人情報が流出する危険!

写真を一瞬でアニメ風に加工するアプリ「everfilter」が凄過ぎると話題にな...

【M-1グランプリ】上戸彩が痩せすぎで心配になる視聴者続出の事態に ガリガリすぎるとの声多数

M-1グランプリ司会上戸彩さんが痩せ過ぎていると心配する人が続出しています。...

【ユーリ!!! on ICE】各キャラのモデルまとめ!有名フィギュアスケート選手のハイブリッドか?

勇利の経歴は町田樹と似ていて、メンタルの弱さは高橋大輔に似ている。ユリオの性格は...

【新説】成宮寛貴、コカイン騒動は「ねるねるねるね」ではなく「たのしいケーキやさん」ではないかと話題に

成宮寛貴さんがコカインを摂取していたとフライデーが報じ、「ねるねるねるね」ではな...

『ユーリ!!! on ICE』の気づきにくい伏線まとめ!勇利が本当にカツ丼禁止されてる、など

「2話のカツ丼禁止令を3話でも勇利が守っている」「2話で箸を使えなかったユリオが...

【コカイン騒動】成宮寛貴が摂取していたのは薬物ではなく「ねるねるねるね」ではないかと話題に

コカインを成宮寛貴さんが摂取していたとフライデーが報道し騒動になっていますが、ネ...

まとめ作者