クラウドワークスが五輪の新エンブレムのコンペを開催直後に中止!騒動の経緯!

コンペ当日中止、当日謝罪で終了という結末。デザイン制作サイト運営者として、その権利認識はどうだったかというところ。まあでも、「オリンピック」や「五輪」っていう言葉を使うこと自体がNGっていうのは、一般人感覚としては、ちょっとびっくりです。

851
0

騒動の経緯

1.クラウドワークスがサイト内で新しい五輪エンブレムの自主コンペを開催

画像を拡大

コンペの様子。
クラウドワークス公式アカウントが直々に募集をかけている。
優勝賞金は税抜き20万円。

出典:www.itmedia.co.jp

2.コンペ開始1時間後にコンペ中止

画像を拡大

コンペのページは現在、非公開状態に

出典:nlab.itmedia.co.jp

3.即日でクラウドワークスが謝罪文を発表

この度は当社の権利関係の認識に不足があり、関係者の皆さま、そして本企画にご応募いただいたユーザーの皆さまにご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
引用元:crowdworks.jp(引用元へはこちらから)

疑問に思う声が多数

※アンブッシュ=奇襲

謝罪文が不気味

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者