2016年07月06日更新
コンレボ conrevo アニメ

『コンクリート・レボルティオ』に登場する超人の元ネタと思われる特撮番組・アニメのまとめ!

アニメ「コンクリート・レボルティオ」に登場する超人たちの元ネタを敵味方問わずまとめました!設定や外見がぴたりと一致しているケースが多くて驚きます!また、一人の超人につき、複数の元ネタがあるケースが多いので、読んでいるだけでどんどん昭和の特撮番組やアニメに詳しくなれます!1期が対象、2期は別記事で。

158843
1
画像を拡大

メガッシンは男ロボと女ロボの合体によって誕生するロボットです。

出典:yusaani.com
画像を拡大

「ウルトラマンA」でも男女が合体変身していました。「ウルトラマンA」の放送期間は昭和47年から48年です。

出典:ultramanace.fan.coocan.jp
画像を拡大

メガッシンは戦争中に開発されました。善悪を自分で判断できるのが特徴です。合体直後、ロボット刑事来人に一方的に攻撃されていたシーンが印象的でした。

出典:anicobin.ldblog.jp
画像を拡大

「超人機メタルダー」も似たような特徴を持っています(詳細後述)。「超人機メタルダー」の放送期間は昭和62年から63年です。昭和47年から48年に放送された「人造人間キカイダー」を意識して作られた作品で、キカイダーとメタルダーのデザインはよく似ています。

出典:ameblo.jp
主人公であるメタルダーは、内蔵された「自省回路」により人の心を持ち、自分の存在理由も知らないまま戦場へ赴くうえ、武器を一切使わずに素手で戦い、しかも第1話で敵に敗北するなど、従来の作品とは全く異なるヒーロー像として描かれている。

第二次世界大戦末期に極秘に進められ失敗が続いたが苦労の末メタルダーは完成した。しかし、その時すでに戦争は終わり日本は敗北した。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

【12】柴来人 = ロボット刑事K + エイトマン + アーネスト・ライト

画像を拡大

柴来人はロボットで刑事という設定です。このシーンでは、顔に涙の跡のような黒い線が浮き出ています。

出典:anicobin.ldblog.jp
画像を拡大

「ロボット刑事」のKも似たような設定、外見をしています。「ロボット刑事」は昭和48年に放送されました。

出典:dagashiyacard.blog57.fc2.com
画像を拡大

柴来人が完全に正体を表した姿です。メガッシンに猛スピードで連続パンチしていました。

出典:yusaani.com
画像を拡大

「エイトマン」も似たようなデザインになっています。また、加速装置を搭載しており、最高で時速3000kmで走れます。「エイトマン」のアニメ放送は昭和38年から39年です。

出典:www.kcat.zaq.ne.jp
画像を拡大

柴来人は真面目な刑事でしたが、合体ロボ女との出会いを経て、鋼鉄探偵ライトとなり、最終的には指名手配されてしまいます。

出典:zakuzaku911.com
画像を拡大

小説「サイボーグ・ブルース」のアーネスト・ライトも似たような経歴を持っています(詳細後述)。「サイボーグ・ブルース」の連載は昭和43年から44年です。「エイトマン」の小説版として企画されたのですが、相違点が多いです。

出典:www.amazon.co.jp
黒人警官アーネスト・ライトは、同僚に狙撃され殉職したが、サイボーグ特捜官として再生させられた。クライム・シンジケートばかりではなく、腐敗した警察機構をも憎むアーネストは、サイボーグ特捜官(警察機構の一員)である事を嫌悪し、辞職する。

「魂」を持ったアンドロイドとの出会い、不可思議な「ダーク・パワー」との接触を経て、アーネストは、シンジケートと対立する。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

【13】アースちゃん = 鉄腕アトム + スプートニク + マグマ大使

画像を拡大

アースちゃんの持つ次のような特徴は

・子ども型のロボット
・街の平和を守っている
・角のようにピンと立った前髪
・善悪を見分けられる電子頭脳を搭載

出典:s1.gazo.cc

趣味の新着

アクセスランキング

まとめ作者