2017年06月09日更新
月がきれい LINE 昭和

【月がきれい】茜が使ってる変なLINEスタンプの元ネタまとめ

落語家のような中年男性が「よろしくお願いします」と言ってるスタンプ、そして、笑顔のおじいさんが「指圧の心は母心」と言ってるスタンプ。本当に女子中学生なのかと疑ってしまう、変なスタンプばかり茜は使っていますが、なんと元ネタになっているのは昭和の有名人たちでした。完璧に特定できたので、まとめてみました!

13729
0

「指圧の心は母心」スタンプ → 浪越徳治郎

画像を拡大

創作活動がうまくいかずに落ち込んでいた小太郎を励ましたときに茜が使ったスタンプ。

元ネタは指圧療法の創始者である浪越徳治郎。

出典:3話
画像を拡大

ポーズやら服装やら何もかもが完璧に一致しています。

出典:www.namikoshi-center.info
《指圧の心は母心》
全国ネットで放映されたテレビ番組“アフタヌーン・ショー”の『浪越徳治郎の指圧教室』は、高度成長期の健康ブームに乗り、お昼の番組としては異例ともいえる高い視聴率を獲得しました。「指圧の心 母心 押せば生命の泉湧く」の名調子と共に親指を突き出すポーズがテレビ電波に乗り、日本中に広まりました。
引用元:shiatsu-obog.com(引用元へはこちらから)
浪越徳治郎の基本理念である「母ごころ」とは?、すなわち母親が自分の子供に対して持つ無限の愛情のように、指圧を受けられる患者さんに対しても、「その方の母親であればどのように考え、接するか」という思いやりの気持ちで指圧を施術します。
引用元:www.namikoshi-shiatsu.co.jp(引用元へはこちらから)

モハメド・アリとのつながり

画像を拡大

小太郎がこのスタンプを受け取るシーンでは、後ろの壁にボクサーのモハメド・アリのポスターが張ってありました。実は、浪越徳治郎はモハメド・アリに指圧治療を施したことがあります。そういった経緯を踏まえて、このポスターを登場させたのだと思われます。また、モハメド・アリを小太郎に、浪越徳治郎を茜に重ねる演出意図もあったのかも。

出典:3話
画像を拡大

当時、世界ヘビー級チャンピオンだったモハメド・アリを指圧する浪越徳治郎。

出典:www.namikoshi-shiatsu.co.jp

「よろしくお願いします」スタンプ → 寅さん

画像を拡大

茜が何か連絡したり、お願いをするときに使っているスタンプ。

元ネタは映画『男はつらいよ』シリーズで渥美清が演じた、主人公の寅さんです。

出典:1話
画像を拡大

ほぼ同じデザインのスタンプが実際に販売されています。1セット40スタンプで240円。

『義理人情に厚い寅さんの名言やコミカルな表情がトークを盛り上げ、あなたの思いを伝えてくれるスタンプです』

だそうです。「よろしくおたのみ申します」ではなく、「よろしくお願いします」に改変されたのは、女子中学生が使うにしては堅苦しすぎたせいでしょうか。

スタンプの元になった発言は、寅さんが仁義を切る(挨拶をする)ときのセリフの最後の部分。

出典:store.line.me
「わたくし、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。姓は車、名は寅次郎、人呼んで フーテンの寅と発します。(~中略~)以後見苦しき 面体お見知りおかれまして、嚮後万端引き立って宜しくお頼申します」
引用元:www.asahi-net.or.jp(引用元へはこちらから)
画像を拡大

こちらは映画のポスター。髪型や表情、ポーズがスタンプとほぼ同じです。

出典:natalie.mu

5話EDのスタンプも寅さんか?

画像を拡大

彼氏が「けっこ」と言ったため、彼女が驚いて、このスタンプを使いました。

出典:5話

趣味の新着

【日朝・ヘボット!】『ミナミの帝王』と『ナニワ金融道』ネタで〆る子供向けアニメに日曜朝から騒然

明らかに大きなお友達を狙ってる・・

【活撃 刀剣乱舞】鶴丸国永 登場の仕方に審神者が悶絶!花丸の鶴丸とのギャップ差に比較する人も!

鶴丸国永 登場の仕方に悶絶!息をするのを忘れる……!!

【煽り耐性】中年男性の浦和レッズファンが、上西の事務所で猛抗議してしまう・・・

浦和レッズサポーター?

【恋と嘘】原作者が語った高崎美咲の設定まとめ!髪型のモチーフはぱるる!? 

アニメ『恋と嘘』の原作者であるムサヲ先生のツイートのうち、高崎さんの設定に関係す...

【プリンセス・プリンシパル】1話の小ネタ考察 黒蜥蜴という言葉に隠された意味、など

1話に登場した小物類・衣装・地名などの考察まとめです。「アンジェが連発していた黒...

【悲報】ヤマダウェブコムでNitnedoswitch入荷するも、即座に鯖落ち

ヤマダウェブコムの再販10秒で気づいて40分戦い続けたけど無理でした...

アクセスランキング

まとめ作者