2017年04月29日更新
けものフレンズ けもフレ 動物

【けものフレンズ考察】フレンズがとった面白い行動の元ネタまとめ!コアリクイの威嚇ポーズが一致、など

けものフレンズはほんわか萌え冒険アニメと見せかけて、動物の習性や生態をモデルにした面白いネタが詰め込まれたアニメになっています。「ペンギンの骨格はPPPと同じで脚長」「トキの歌でサーバルだけがダメージを受けたのは可聴域の違いのせい」など元ネタを動画や画像を使って紹介していきます。最終12話まで対応。

415983
0
画像を拡大

めっちゃ横長です。まるで白目が分断されているかのよう。

アルパカに限らず、草食動物はこういう瞳孔になっていることが多いようです。

出典:4travel.jp
羊やヤギなどの草食動物は横長の瞳孔を持つ。これらの動物は捕食される側なので、常に周囲を警戒しなくてはならない。横に長い瞳孔は絞りを絞った状態でも水平方向に視野角を確保でき、上からのまぶしい太陽光をさえぎりつつ広く地面を見ることができる
引用元:ascii.jp(引用元へはこちらから)

サーバルは本当に交通事故に遭いやすい!

画像を拡大

バスに向かって、「うごけー!」と言ったら本当に動いてしまい、轢かれてしまったサーバル。

アニメならではのギャグジーンかと思われましたが、なんと本当にサーバルはよく交通事故に遭っていることが判明しました。笑ってはいけないシーンだったのかも。

出典:3話
《サーバルと人間との関係》
人間の居住区近くに姿を現すこともあり、夜間の行動中に自動車と接触して轢死する個体も少なくない。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

プレーリードッグにとってキスは挨拶!

画像を拡大

サーバルたちと遭遇したプレーリードッグは自己紹介を済ませるなり、サーバルたちにキスをし、「プレーリー式のごあいさつであります!」と説明していました。現実のプレーリードッグにもそういう習性があります。

出典:5話

スポンサーリンク

スポンサーリンク

画像を拡大

がっちり顔をホールドして、ご挨拶。

出典:www.youtube.com
プレーリードッグ同士は友好の印として、お互いの頭の位置を同レベルに向かい合わせ、歯を見せあいます。これはあいさつの意味でもあります。時々歯を接触させたりしますのでまるでキスをしているように見えます。
引用元:www.sbspet.com(引用元へはこちらから)

穴にはまって動けなくなったプレーリードッグが本当にいた!

画像を拡大

家を作る作業の最中、プレーリードッグは岩の間に挟まってしまったらしく、「たすけて~、たすけて~」と騒いでいました。自分で掘った穴に自分ではまるなんて、「そんな間抜けなプレーリードッグいるわけない!」と思った人が多いはずです。

しかし…。

出典:5話
画像を拡大

なんと、穴にはまって抜け出せなくなり、人間に救助されたプレーリードッグが本当にいたのです!

出典元サイトでは動画で見られます。救助シーンは1分20秒ぐらいから。

出典:www.youtube.com

ライオンの目が光っていた理由

画像を拡大

ボスっぽい怖さを出すための演出というわけではなくて、動物の習性由来の演出です。

出典:6話
ネコなどの目の網膜には、「輝板」(英:tapetum、タペタム)と呼ばれる反射板の役割を果たす層が存在していて、暗闇で光を当てると、その輝板(タペタム)に光が反射するため、光って見えるわけです。
引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

趣味の新着

大阪市営御堂筋線 なんば駅で人身事故 難波「人が車両の下敷き。さっき人工呼吸器着けて運ばれていった」

a

もこう、シャドウバースの声優になる トイソルジャーの担当に

ニコ動、ニコニコ動画、カードゲーム、シャドウバース、声優、ネメシスクラスの「トイ...

【anitube閉鎖か?】アニチューブが502エラーで閲覧出来ず!アニメ視聴サイトの鯖落ちに悲鳴

動画閲覧サイトanitube(アニチューブ)が502エラーで閲覧出来ず…閉鎖かと...

【ポケモンGO】ホウオウCP2800越え!アップデート後のホウオウのCPがおかしいと話題に

レイドのホウオウのCP変更!捕獲時PL上限変更と種族値強化で上方修正...

【ポケモンGO】ギャラドスが技1で『たきのぼり』を覚えるように!水ポケ最強か

第一世代第二世代の一部のポケモンのわざが変更されているようです。ギャラドスはドラ...

SEGA、新作アーケードゲーム オンゲキのロケテストを12/15から開始へ

maimai、チュウニズムに続く セガ 秋葉原3号館、東京秋葉原、新作音ゲー?...

アクセスランキング

まとめ作者