2017年04月29日更新
けものフレンズ けもフレ 動物

【けものフレンズ考察】フレンズがとった面白い行動の元ネタまとめ!コアリクイの威嚇ポーズが一致、など

けものフレンズはほんわか萌え冒険アニメと見せかけて、動物の習性や生態をモデルにした面白いネタが詰め込まれたアニメになっています。「ペンギンの骨格はPPPと同じで脚長」「トキの歌でサーバルだけがダメージを受けたのは可聴域の違いのせい」など元ネタを動画や画像を使って紹介していきます。最終12話まで対応。

368694
0
画像を拡大

北海道の円山動物園で飼育されていたシンリンオオカミのユウキの成長過程。シンリンオオカミはタイリクオオカミの亜種です。目の色が明るく変化しているのが分かるはず。

出典:blog.livedoor.jp

ヒグマが使っていたヒグマの手は優れた武器

画像を拡大

孫の手のような可愛いグッズに見えてしまいますが、実物はなかなか恐ろしいです。

出典:11話

ヒグマは火を恐れない、は過去に起きた事件で証明済み

画像を拡大

かばん「みんな、火は持ちたくないですよね……ヒグマさんは大丈夫なんですか?」
ヒグマ「ああ、私はそれ、そんなに怖くないな」

出典:11話
《三毛別羆事件の教訓》
事件発生後、村民は火を焚いてヒグマを避けようとしており、明景家に避難した人々や分教場に退避する際にたくさんの焚火が燃やされたことを記している。これらの行動は一般に言われる「野生動物は火を怖がる」という風説を信じたものだが、実際は太田・明景両家の襲撃に見られるように、ヒグマは灯火や焚火などに拒否反応を示すことはない。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
画像を拡大

ヒグマは火を見ると、恐れるどころか、興味を持って近寄ってくるという実験結果も出ています。

出典:www.youtube.com

キンシコウが西遊記の孫悟空みたいなキャラデザだった理由

画像を拡大

武器が如意棒。頭を締め付ける金の金具。シロとオレンジの服。などなど、共通点が多いです。

出典:www.amazon.co.jp
《キンシコウ》
『西遊記』に登場する孫悟空のモデルとなったサルとされることがあるが、これは雑誌『アサヒグラフ』1980年7月11日号に掲載された記事の中で、日本モンキーセンター世界サル類動物園長の小寺重孝が「そうかもしれない」と言った一言が一人歩きしたものである。小寺は後に別の記事で「勘違いであった」と訂正したが、最初の誤った情報が独り歩きしたとされている。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

リカオンが追跡担当だった理由

画像を拡大

キンシコウとヒグマが黒セルリアンから飛び散った破片を退治している間、リカオンはずっと本体の追跡をしていました。そういった役割分担になったのは、幕間でたじまおにいさんが解説していたように、リカオンが持久力に優れる動物だからでしょう。

出典:11話

アライさんがしつこく帽子を追いかけていた理由

画像を拡大

1話からずっと帽子を追いかけ続けたアライさん。その執念の元ネタは…。

出典:11話

趣味の新着

「君の名は」のパクリ検証動画が公開される 言い逃れ出来ないほどの類似性…

アニメ映画「君の名は」は「虹色ほたる」のパクリだった?

アニメ『ようこそ実力至上主義の教室へ』で使われた哲学者の名言まとめ

『ようこそ実力至上主義の教室へ』は俺TUEEE系の学園アニメでありながら、「真の...

ニワトリと同じ?ウーマン村本「芸人はテレビの家畜」と発言する

ニワトリは最高の家畜、アイドルは○○の家畜、社会人は○○の家畜、家畜化社会と日本...

【活撃刀剣乱舞8話】薬研と馬の場面で高橋タクロヲの問題発言に公式が謝罪!泥酔状態に可笑しすぎると炎上

高橋タクロヲの問題発言に公式が謝罪。いろいろと可笑しい。

【プリンセス・プリンシパル】7話の小ネタ考察 プリンセスが変装しなくても大丈夫だった理由、など

アニメ『プリンセス・プリンシパル』7話に登場した細かいネタのまとめです。「プリシ...

小田急小田原線 玉川学園前駅で人身事故「飛び降り自殺。車両の下に入ってしまった」

アクセスランキング

まとめ作者