2017年07月14日更新
ラーメン 歴史 水戸黄門

【悲報】日本で初めてラーメンを食べたのは「水戸黄門」じゃなかった…200年以上前から食べられていた…

水戸黄門が食べたラーメン、的なキャッチコピーを掲げてる店はどうなる?食べたのは京都の僧侶らしいです。

157
0
 「日本で初めてラーメンを食べたのは水戸黄門だった」という定説を覆す資料が見つかり、14日から新横浜ラーメン博物館でパネル展示されることが13日、分かった。今までは黄門様こと水戸光圀が江戸時代の1697年に食べたのが最も古い記録とされてきたが、新資料では室町時代の1488年に京都の僧侶らが「経帯麺(けいたいめん、ラーメンの一種)を食べた」と明記されている。博物館関係者は「歴史を書き換える大発見だ」と驚きの声を上げた。


引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
 日本ラーメン史を根底から覆す新事実が判明してしまった。新横浜ラーメン博物館によると、このほど発見されたのは、室町時代の僧侶の日記「蔭涼軒日録」(いんりょうけんにちろく)の中の記述。1488(長享2)年に作者が、中国の書物「居家必要事類」(きょかひつようじるい)のレシピを参考に「経帯麺」を調理し、来客者に振る舞ったと書かれていた。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
中国発祥の中華麺の定義は、かん水を使用していること。「居家―」には「経帯麺」のレシピについて「小麦粉とかん水が材料」と明記。晴れて「ラーメン認定」となった。ただ同書物では「かけ汁は任意でどうぞ」と書かれており、どんなスープや具だったのかはナゾ。博物館の担当者は「室町時代の食文化などを総合すると、シイタケや昆布、梅などを混ぜたダシをかけて食べていたのではないか」と推測した。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
これまでの最も古いラーメン記録は、江戸時代の僧侶が記した「日乗上人日記」。1697(元禄10)年に黄門様が「明の儒学者・朱舜水から伝授された麺を自分で作って家臣に振る舞った」と記されていた。TBS系ドラマ「水戸黄門」の人気もあり、1980年代後半ごろから「黄門=初ラーメン説」が定着。93年には、当時の味を再現した「水戸藩らーめん」が水戸市内でご当地ラーメンとして発売されるなどしている。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
 稲沢さんは「麺文化を調べるために『蔭涼軒日録』を詳しく読んだら、経帯麺のことがバッチリ書いてあって…。ビックリしましたよ」と興奮気味。実際にレシピ通りに「経帯麺」を製作したといい「たおやかでソフト。スープの味が麺に染み込む感じでおいしいですよ。硬い麺が主流の今のラーメンとはひと味違いますし、現在でも十分通用する」と太鼓判を押していた。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

ネットの声

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

グルメの新着

【中華】「半チャンラーメン」が今、静かに衰退している…その理由とは?

安くてお腹いっぱいになれる、うれしいメニューが…

明治が牛乳の量を減らした理由に消費者から不満の声「飲みきれず捨てる人が増えたから(値段はそのまま)」

明治が主力商品「おいしい牛乳」を実質値上げ サイコロキャラメルも北海道土産にして...

ファミマが「忖度」商品化 その名も「忖度御膳」(税込798円)

「会社に、御友人に、ご家庭に、忖度(そんたく)したい方はいらっしゃいませんか?」...

みんな大好き!手軽でおいしいスイーツの代表格プリン☆

老若男女に幅広く愛されていて、安価だがおいしくて満足度の高いスイーツのプリンの商...

富山名産の白い宝石☆白えび(シロエビ)の紹介

富山県は富山湾のみで水揚げされる、白い宝石と謳われる富山名産の海老である、シロエ...

プルプル食感がおいしくてたまらない!宮城県名産の中華の高級食材フカヒレ

中華料理で珍重されている超高級食材のひとつで、日本国内でも気仙沼で大量に生産され...

アクセスランキング

まとめ作者