GODZILLA怪獣惑星公開!ネットの声、感想まとめ「虚淵玄らしい」「ありがちな内容」賛否両論の声

脚本がまどマギなどで有名な虚淵玄

2081
0
出展:Youtube

アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』本予告

滅びるのは、人か、ゴジラか。 『シン・ゴジラ』から“アニメゴジラ”へ 歴代最大ゴジラ現る 二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ...

現在、『GODZILLA 怪獣惑星』が全国の劇場で公開されています。誰もが知る『ゴジラ』シリーズが、国産のアニメーション映画として製作されるのは異例中の異例のこと。本作の見所がどこにあるのか? ネタバレのない範囲で、以下よりたっぷりとご紹介します!
引用元:cinema.ne.jp(引用元へはこちらから)
本作『GODZILLA 怪獣惑星』の最大の特徴と言い切ってよいのは、これまでのゴジラ映画のような“現代”ではなく、“遠い未来”を舞台にしていることと、人類が「怪獣やゴジラに地球を蹂躙されたため、そこから離れなければならなかった」という絶望的な状況に陥っている設定です。
引用元:cinema.ne.jp(引用元へはこちらから)
さらに劇中では“エクシフ”と呼ばれる宇宙人のほか、“パワードスーツ”というガジェットも登場。生態系がガラリと変化とした地球の描写も含め、作品の方向性が“遠未来SF映画”に振り切っているのです。
引用元:cinema.ne.jp(引用元へはこちらから)
言うまでもなく、それは日本の実写映画および特撮では実現が難しいもの。まず、“アニメでしかできない”世界観および設定になっていること、アニメでこそ作られる意義があったと、誰もが思える内容になっているのが、この『GODZILLA 怪獣惑星』なのです。
引用元:cinema.ne.jp(引用元へはこちらから)

ネットの声、感想まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

【火災情報】愛知県名古屋市北区黒川本通2丁目付近で火事 消防車集結

【立命館大学副学長】文化人類学者 渡辺公三さんが死去

文化人類学者 渡辺公三さん68歳(わたなべ・こうぞう=立命館大副学長、文化人類学...

日テレ『人生が変わる1分間の深イイ話2時間SP』12/18

人生が変わる1分間の深イイ話2時間SP[字] 佐藤健も認めた…世界的イケメン緊急...

東武東上線 北坂戸〜高坂駅間で人身事故「血とカラダがぶっ飛んだ」池袋駅が入場規制状態

北坂戸〜高坂での人身事故の影響で、池袋〜小川町の上下線で運転を見合わせています。...

【爆発事故】名工大19号館の研究室で爆発 規制線が張られ現地騒然「ボンッという強烈な音が聞こえた」

【説教】2丁拳銃の奥さんの野々村ママが面白いと話題に

エンタメ、芸人、2丁拳銃の片方の奥さん野々村ママ、面白い、野々村議員は関係ない、...

アクセスランキング

まとめ作者