2017年08月22日更新
陰謀論 中国

【陰謀論】40年ぶりの長雨は中国からの気象操作攻撃が原因だった?一部界隈で噂が広まる。

ねえよ

116
0
 現在、想定外の長雨が続いている関東地方。東京では今月1日から16日連続で雨が観測され、8月としては実に40年ぶりの異常事態となっている。しかも、16日間における日照時間は、この半世紀で最低記録を更新。さらに、長雨は途絶えながらも20日頃まで続く見込みだという。何かがおかしい――そう考えている読者も多いのではないだろうか。
引用元:tocana.jp(引用元へはこちらから)
 実は、このような異常気象について、中国で深刻化しているPM2.5などによる大気汚染の影響ではないかとする学説がある。さらに陰謀論者の間では、中国の大気汚染と周辺諸国への影響自体が、同国による“気象操作”という大いなる野望の一環だとする指摘もあるようだ。それらが事実かどうか、真剣に検討してみたい。
引用元:tocana.jp(引用元へはこちらから)
 また一部で囁かれている、日本で起きる豪雨が実は中国の“気象操作”の結果だという陰謀論的な説も看過できない。かねてより、中国が気象操作の研究に予算を投じていることは事実であり、たとえば雲の上にドライアイスの粉末をまいて雨粒を作り、雨を降らすといった実験を行っているのだ。このような陰謀論は、主に中国に敵対する団体などが主張している点に十分注意しなければならないが、もしも中国が意図的に、そのような気象操作を日本に対して行おうとする場合、何らかの物質を大陸からの偏西風に乗せて日本へともたらすことは難しいことではないだろう。
引用元:tocana.jp(引用元へはこちらから)

ネットの声

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者