2017年05月17日更新
科学 クロ現 テロメア

【眉唾】クローズアップ現代「瞑想してテロメアを伸ばして長寿!健康!」 →視聴者「え?伸びるの…??」

瞑想で伸びる?宗教かな?不老不死も近い?

2886
0
老化を防ぎ、若さを保ちたい。そんな願いをかなえると注目されている研究がある。
引用元:www.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)
ノーベル賞生物学者・ブラックバーン博士らによる「テロメア」研究だ。染色体の端にあり細胞分裂のたびに短くなるため、年とともに縮むと考えられていたテロメア。
引用元:www.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)
ところがテロメアを伸ばして細胞から若返る方法があり、がんを防げる可能性もあるというのだ。それは日常で実践できる生活習慣。最新の研究から健康寿命を延ばす秘策と命の神秘に迫る。
引用元:www.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

普通年とともにテロメアは短くなると考えられている

テロメアの伸長はテロメラーゼと呼ばれる酵素によって行われる。この酵素がない細胞では、細胞分裂のたびにテロメアが短くなる。テロメラーゼはヒトの体細胞では発現していないか、弱い活性しかもたない。そのため、ヒトの体細胞を取り出して培養すると、テロメアの短縮が起こる。テロメアが一定長より短くなると不可逆的に増殖を止め、細胞老化と呼ばれる状態になる。細胞老化は細胞分裂を止めることで、前述のようなテロメア欠失による染色体の不安定化が起こることを阻止し、発ガンなどから細胞を守る働きがあると考えられている。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
テロメアの短縮は細胞老化の十分条件ではあるものの必要条件ではない。また老化した動物やクローン羊ドリーではテロメアが短かったことが報告されており、テロメア短縮による細胞の老化が、個体の老化の原因となることが示唆されているが、個体老化とテロメア短縮による細胞老化との関連性は現段階では明らかではない。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

なんとなく眉唾な放送内容にネットでは疑問の声も

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者